*

なぜLGBT当事者をテーマに撮影をしようと思ったのか / Interview with Kouji Kinoshita

前回の記事、木下幸二「Rainbow Peace」写真展 in 福岡 / Kouji Kinoshita LGBT photo exhibition in Fukuoka

についての続編です。

LGBT当事者をテーマにした写真作品を撮り始めたきっかけについて、過去のインタビュー記事をご紹介します。

Why he started taking photographs of LGBT people. We introduce the past interview article.

 

若い世代の当事者に、将来への希望を持ってほしいから

0166

↑メディアの取材に答える木下さん / Kouji Kinoshita

(English is below)

将来を悲観し、自殺を考える当事者の子どもたちが多いということを知ったのが、この作品を撮り始めたきっかけです。

少しでも未来に希望を感じ、自殺を思いとどまるような作品ができたら…と考えました。

実際に展示してみると想像以上に良いものができたと感じています。同性カップルもいるし、多様な性を生きる人たちのさまざまな姿がある。当初目的にしていた世界観が構築できているのではと思っています。

実は撮影中、当事者の方から「後ろ姿も撮ってみたらどうですか」とアドバイスされました。

すべて顔を出して撮るつもりでしたが、確かに後ろ姿の写真が何枚か入るだけで、別の意味合いが出てくる。さまざまな理由でカミングアウトできない当事者たちは、まだまだ多いんです。

今後チャンスがあれば、中学校や高校でも写真展示できれば…と思っています。

特に若い10代の子たちに見てほしいですね。

IMG_0341

↑長崎平戸オランダ商館「十人十色展」/ Rainbow messages from the Hirado Dutch Trading Post(2014.9)

 

Because I want to have a future of hope to the young LGBT people

Having been disappointed with their future, the many children consider suicide, this is fact and this is why I began to start taking phots of them.

I wish I could give them some hope for the future with my works, and give them pause for the thought ending their lives.

Actually this exhibition is much better than I expected, we have so many wide variety of sexuality, we are all not the same, there are many ways and colors in which human being are different from each other. This is how I wanted to express through my works.

When I was taking photos all LBGT’s face, one of LGBT person suggested me that “Why don’t you take photos from behinds? “

This happens to came out another implication, there are still many LGBT people who couldn’t come out with so many reasons.

If given the chance, I would like to be actively involved to have exhibitions in the junior and high school, especially for teenagers.

 

↓元記事はこちら(Original article)

「若い世代の当事者に、将来への希望を持ってほしいから」

http://rainbowsoup.net/kinoshitakoji/

 

木下幸二「Rainbow Peace」写真展は、29日まで開催中ですので、ぜひ遊びに来てくださいませ。

▶期間:8/6(Thu)〜8/29(Sat) ※期間中の木・金・土日祝日(Thursday, Friday, Saturday, Sunday and national holiday during the period)
▶︎時間:18:00〜22:00(高校生以下は19:00まで)
▶︎料金:無料(Free)
▶︎会場:コミュニティーセンターhaco(福岡市博多区住吉4丁目4-21エバーライフ住吉1F /Hakata-ku, Fukuoka Sumiyoshi 4-chome 4-21 Everlife Sumiyoshi 1F)
▶︎共催:NPO法人Rainbow Soup / Love Act Fukuoka

 

 

Ad_pc

おすすめの商品

glee/グリー シーズン1 [DVD]

西日本新聞記者・新西 ましほさん(後編) インタビューもいよいよ終盤。 福岡の関連団体に取り

レビューを読む

ベスト・オブ・ヴィレッジ・ピープル【SHM-CD】

  5月31日の映画「Call Me Kuchu、ウガンダで生きる」上映&トークイベ

レビューを読む

The Best of Culture Club

    Rainbow Soup の古賀です。 5月17日に福

レビューを読む

関連記事

64970_1799847486909407_3816608550334784812_n

福岡県弁護士会・有志の皆さんと意見交換を行いました!

先日、福岡県弁護士会・有志の皆さんと、福岡のLGBT関連団体との意見交換会を行いました。

記事を読む

large_9483929410

新聞連載コラム「虹色のあした(18)」7/19掲載分

「虹色のあした(18)」 性別変更に手術は必須? photo credit: yaruman5

記事を読む

03

マスコミが「流行」のように扱っていないだろうか(中編)

西日本新聞記者・新西 ましほさん(中編) 前編では留学時代の体験を語ってくださった新西さん。

記事を読む

アイコン用

ポジティブな話題を増やして、九州の広範なムーブメントにつなげたい

福岡LGBT映画祭の開催など関連トピックやニュースを増やして、九州の広範なムーブメントにつながるよう

記事を読む

DSC_0148

福岡市より、NPO法人設立認定書をいただきました!

Rainbow Soupの小嵒(こいわ)ローマです。 いつも応援してくださっている皆様に、よう

記事を読む

3G2A1493

11月のRainbow Days in Fukuoka #2 九州レインボープライド2015

(追記あり) Rainbow Soupの小嵒(こいわ)ローマです。 今年のニュースは今年

記事を読む

leaflet

新聞連載コラム「虹色のあした(25)」9/6掲載分

「虹色のあした(25)」 長崎・平戸で14日からLGBT展 セクシャリティーを自覚した中学

記事を読む

Ad_pc

Message

Ad_pc

スクリーンショット 2017-08-15 22.52.57
福岡・九州エリアのインバウンドツーリズムにLGBTの視点を

福岡・九州エリアのインバウンドツーリズムの新たな切り口として「LGBT

20258133_2051159448444875_3875430206246594562_n
REACH Online 2016 1万5千人のセクマイ調査報告会 in 福岡、盛況に終了!

REACH Online 2016 1万5千人のセクマイ調査報告会 i

名称未設定
宮崎県・人権担当者養成講座にて、講師を担当しました。

7/12、宮崎県・人権担当者養成講座にて「性的少数者と人権」をテーマに

19961445_2044927565734730_3609459151481366229_n
福岡県立大学にて、セクシュアリティに関するお話しを担当いたしました。

7/6(木)田川市にある福岡県立大学にて、性教育学の一環としてセクシュ

19512524_1363790287067395_1344444327_n
最新情報アップデート & 情報交換会、福岡のゲイコミュニティとエイズ・HIVをテーマに実施しました

インプットって大事ですね! LGBTに関連する様々なテーマについて、

→もっと見る

  • 2017年8月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑