【10/15 時点の申込数】
DAY1(11/2) 10名(残席20名)20 seats left
DAY2(11/3)15名(残席15名)15 seats left
※定員に達し次第〆切となります。Deadline as soon as capacity is reached.
お申し込みいただけていない場合、お席の確保ができないことがあります。ご了承ください。If you do not apply, you may not be able to secure your seat.


「See you Next Time!!」
そう宣言して終了した、昨年の福岡レインボー映画祭2018。市内外から非常に多くの来場者を迎え、ご好評もいただきました。昨年の開催レポートはこちら
2019年の開催を目指していたところ、様々な方のご協力を得ることができ、今年も開催できる運びとなりました。

今年の「福岡レインボー映画祭」では、LGBTQをはじめとする性的マイノリティにおける世界の歴史と実態を知り、多様性と活力にあふれる豊かな社会とは何か、参加者の皆さんと一緒に考える機会にしたいと思います。ぜひご参加ください!

福岡レインボー映画祭2019 開催概要
Fukuoka Rainbow Film Festival 2019 Outline

日時:
DAY1  2019年11月2日(土 sat)14:30〜18:00(14:00開場 open)
DAY2  2019年11月3日(日 sun)16:00〜19:00(15:30開場 open)
場所:tenjin TORSO(テンジントルソー:福岡市中央区天神1-15-25昭和通り橋口ビル / Showa-dori Hashiguchi Building 1-5-25 Tenjin Chuo-ku, Fukuoka))※福岡市赤煉瓦文化館隣り
入場料:各日一般1,500円(adult 1,500yen)・学生1,000円(student 1,000yen) ※入場料は当日会場にてお支払いください。Please pay the entrance fee at the venue on the day.
定員:各日30名(定員に達し次第〆切 / Up to 30)
お申込:こちらから application → here
ゲスト:植田祐介さん(韓国語翻訳者、ウィークエンズ日本語翻訳担当)、畑野とまとさん(ライター、トランスジェンダー活動家)
主催:NPO法人Rainbow Soup
協力:株式会社YOUI 後援:福岡市


▶︎DAY1:11月2日(土 sat) 映画「ウィークエンズ / Weekends」+アフタートーク(guest talks *only Japanese)

歌うことが好きなソウルのゲイの人々が集まるG-Voice。毎週末、ともに支え合いながら練習に励む。恋愛やカミングアウト、友情についてうたい、たまにはふざけたり泣いたり。そしてときにはセクシーに。劇中で10周年を迎える彼らのオリジナル曲や政治的な活動を通し、現代の韓国のゲイたちの苦悩や喜びが垣間見える。福岡初上映。
(監督:イ・ドンハ|韓国語|日本語、英語字幕|98min|2016|韓国)
※お申込はこちら から
*English below

Weekends(Korea 2016)
G-Voice is a gathering of gay people from Seoul who love to sing. We practice hard while supporting each other every weekend. I want to talk about romance, coming out, and friendship. And sometimes sexy. Through their original songs and political activities that celebrate the 10th anniversary in the play, you can get a glimpse of the suffering and joy of modern Korean gays. (with Japanese and English subtitles)
*application → here

11/2 sat スケジュール Schedule
14:00〜 開場 open
14:30〜16:10「ウィークエンズ / Weekends」上映
16:10〜16:30 休憩 short break
16:30〜17:30 アフタートーク(guest talks *only Japanese) 
ゲスト:植田祐介さん(韓国語翻訳者、ウィークエンズ日本語翻訳担当)
聞き手:五十嵐ゆり(NPO法人Rainbow Soup代表)
17:30〜18:00 フリータイム(参加者同士の交流にお役立てください)

※UDトーク(音声を文字化するシステム)を使用予定です。
※お申込はこちら から


▶︎DAY2:11月3日(日 sun) 映画「ストーンウォール・アップライジング / Stonewall Uprising」+アフタートーク(guest talks *only Japanese) 

アメリカのLGBT運動史の始まりとされる、1969年6月のストーンウォールの暴動。歴史を揺るがせた反乱から50年の今年、改めてその事件を振り返る。いかにして事件は起きたのか、当事者たちの証言と貴重な映像資料によって検証するドキュメンタリー映画。
(監督:デイビット・ハイルブロナー、ケイト・デイビス|英語|日本語字幕|83min|2010|米国)
※お申込はこちら から
*English below

Stonewall Uprising(America 2010)
Stonewall riot in June 1969, the beginning of American LGBT movement history. This year, 50 years after the rebellion that has shaken history, we look back on the incident again. A documentary film that examines how the incident occurred, based on testimonies from the parties and valuable video materials. (with Japanese subtitles)
*application → here

11/3 sun スケジュール Schedule
15:30〜 開場 open
16:00〜17:30「ストーンウォール・アップライジング / Stonewall Uprising」上映
17:30〜17:50 休憩 short break
17:50〜18:50 アフタートーク(guest talks *only Japanese)
18:50〜19:00 フリータイム(参加者同士の交流にお役立てください)

ゲスト:畑野とまとさん(ライター、トランスジェンダー活動家)
ビデオ編集者、金融系システムエンジニアを経て、男性から女性へと性別移行。ニューハーフとしてセックスワークに従事した後、ゲーム攻略本などのライター業へ転身。1996年に日本初のトランスジェンダー専門のホームページ「トランスジェンダーカフェ」を開設。以後、トランスジェンダーの人権活動を行なっている。1970年代からはじまるLGBT解放運動に関しても造詣が深い。
聞き手:五十嵐ゆり(NPO法人Rainbow Soup代表)

※UDトーク(音声を文字化するシステム)を使用予定です。
※お申込はこちら から

2019年も皆様のお越しをお待ちしております!