2018年11月3日、LGBTなど性的マイノリティをテーマにした映画祭が開催されます!上映作品はすべて九州初上陸!

本日、福岡市のHPより発表されました。
詳細はリンク先よりご確認ください。
※Rainbow Soupは運営・広報を担当します。

日時:平成30年11月3日(土曜日)
会場:福岡アジア美術館 あじびホール(福岡市博多区下川端3-1リバレインセンタービル8階)
内容:性的マイノリティをテーマとした映画上映,映画監督による講演
映画1「ウィークエンド」
映画2「QUEER×APAC~APQFFA傑作選2018」
映画3「虹色の朝が来るまで」
講演  「虹色の朝が来るまで」今井ミカ監督アフタートーク

参加費は無料ですが、事前申し込みが必要です。
申し込みは9/18 10:00〜 詳細はリンク先よりご確認ください。

九州初上映の話題作がすべて無料!(要申し込み)
映画を通じて、多様性を考えるきっかけにしてもらえたらと思います。
どなたでもお気軽にお越しください。


映画1「ウィークエンド」


映画2「QUEER×APAC~APQFFA傑作選2018」より「新入生」


映画2「QUEER×APAC~APQFFA傑作選2018」より「言葉にできない」


映画2「QUEER×APAC~APQFFA傑作選2018」より「繭」


映画2「QUEER×APAC~APQFFA傑作選2018」より「ルッキング・フォー?」


映画3「虹色の朝が来るまで」


講演 「虹色の朝が来るまで」今井ミカ監督をお迎えしてのアフタートーク

参加費は無料ですが、事前申し込みが必要です。
申し込みは9/18 10:00〜 詳細はリンク先よりご確認ください。