*

みんなが「良かったね」といえる同性婚を

福岡のウエディングプランナー・麻生有花さん(前編)

以前、同性婚のプロジェクトに着手した熊本のウエディングプランナーの方の記事を公開したところ、多くのアクセスをいただきました。

今回は福岡の方に登場していただきます。

麻生さん_前編01

(インタビューしたのは、福岡市内の憩いの場・大濠公園内にあるスターバックスカフェ)

 

麻生さん_前編02

(大濠公園内には美術館や能楽堂、日本庭園まであり、日本有数の水景公園である。)

 

ウエディングプランナー・麻生有花さんは結婚式場で挙げるウエディングに限らず、パーク婚やシンプル婚など多種多様なプランを考案し、お客様目線に立ったセレモニーのあり方を常に模索してきました。

過去に当事者からのカミングアウトを受けた経験もあり、プランの一つに「同性婚」が加わるのはごく自然な流れだったようです。

(2013年9月12日 福岡市内にて/聞き手:小嵒ローマ)

 

麻生 有花 プロフィール

麻生 有花(あそう ゆか)1979年、福岡県生まれ。

ブライダルサロンDear Wedding 代表。

アパレル、ヘアメイク、ウエディングなど幅広い実務経験を経て、2009年に独立。

「お客様に満足していただくこと」「『ありがとう』をたくさんあつめること」をミッションに掲げ、福岡を拠点にウエディング、アニバーサリーのプロデュース業を展開する。

適正価格と丁寧なサポートが好評で口コミで支持を広げている。

パーク・ビーチ・自宅・クラブでのこだわり婚や、少人数・お食事会のみのシンプル婚など、多種多様なウエディングを提案するなかで、同性カップルの結婚式プロデュースにも乗り出す計画を立てている。

麻生さん_前編03

(スタバで何やらお仕事しているのが、ウエディングプランナーの麻生さん。)

 

LGBT関連の情報、生の声をもっと知りたい

 

—9月、福岡アメリカン・センター主催の「LGBT講演会」に参加してくださったんですよね。アメリカの人権団体、ヒューマン・ライツ・キャンペーンの方のお話しはとても興味深い内容でした。

麻生 2003年から2013年の10年間の間に、同性婚できる州が増えたという話しがありましたね。そうした変化を促すには「当事者の方がもっと声をあげて」とおっしゃっていたけど、日本人特有の感覚というか、バックグラウンド次第で言えない方も結構おられるはず。

有名人がカミングアウトしたらいいのでは、という話しもありましたけど…。それと、日本の企業の間でもうちょっと認識が高まるといいですよね。

小さい力かもしれませんが、LGBTの現状に関して知り始めた人たちが少しずつ取り組んでいくことも大事かなと思いました。

 

 

—企業に関して言えば、海外でLGBT向け広告展開をしていても、日本国内ではやっていないケースがありますね。

日本国内で展開してメリットがあるのかどうか、様子見のような気がしています。

麻生 講演を通じて関心が強くなったのは「教育」ですね。偏見がある大人を今からなんとかするよりも、人権問題という切り口で中高校生に向けた教育が大事だと思います。

私自身、当事者の方からカミングアウトされた経験がありごく当たり前にいる人たちという感覚がありますから、もともと偏見はありませんが、社会全体の理解度はまだまだですよね。

仕事を通じて「同性婚」というテーマが出てきたことを機に、LGBT関連の情報にとても敏感になりました。ネットで見ることだけじゃなくて、今回の講演のように生の声を聞くことが大事ですね。アメリカの話しから日本との比較もできますし。日本は何が足りないんだろうという点が見えてきて、いい機会でした。

麻生さん_前編04

(はーい、カメラ目線でお願いしまーす。「え〜、照れますね(笑)」。)

 

 

—個人的に当事者を知っているかどうかは、大きな違いでしょうね。

麻生 綺麗ごとに聞こえるかもしれませんが、同性婚は「ビジネス」とは違う視点でやりたいと思っているんです。

結婚の権利が平等かどうかというのは、人権問題やいじめ問題にも繋がっていると思います。人を平等に見ましょう、人の痛みを分かりましょう、人の考えを尊重しましょうという観点は誰もがうなずけることだと思いますが、家庭の教育の中から見直していかないといけないことだと感じています。

子どもたちで言えば、昼間は学校で過ごしているけど家に帰れば家族と過ごす時間が多い。先生や親御さんがLGBTに対して間違った認識を持っていると、子どもだって間違えてしまいますよね。

 

—その点は、熊本で性教育関係者の集まりに参加させていただいた時も、課題の一つとして話題にのぼりました。先生や親にLGBTについて正しく理解してもらうことはとても大事です。

麻生 少しずつでも自分にやれることとして、当社のHPの中で「同性婚」のプランをきちんとアピールしていきたいと考えています。そして関わる人みんなが「やってよかったね」って思えることを大事にしていきたい。お客様も業者も私たちもみんなです。それが私の一番大事にしている理念。

お客様を区別するようなことはしたくないし、間違っていないことですからきちんと伝えていきたいです。

 

——(後編へ続く)—————————————-

 

Ad_pc

おすすめの商品

カミングアウト・レターズ

Rainbow Soupの小嵒(こいわ)ローマです。 また少し寒さが戻りましたね。春が待ち遠し

レビューを読む

Heartthrob

  Rainbow Soupの古賀です。   こちらのブログで

レビューを読む

あれこれ考えすぎて“動けない人"のための問題解決術

Rainbow Soupの小嵒(こいわ)ローマです。 台風の影響につき、自宅にこもって作業なう

レビューを読む

関連記事

12508955_1021883097885320_5099130900000344079_n

長崎・平戸にて「“OUT IN JAPAN” in Hirado Dutch Trading Post」開催!

2月13日〜28日まで、長崎・平戸オランダ商館にて、「OUT IN JAPAN」展が開催されます。

記事を読む

IMG_4009

アメリカ国務省主催・LGBTIプログラムレポート[イントロダクション]

7月11日〜31日まで、小嵒ローマが参加したアメリカ国務省主催のLGBTI研修についてのレポート、し

記事を読む

3G2A1493

11月のRainbow Days in Fukuoka #2 九州レインボープライド2015

(追記あり) Rainbow Soupの小嵒(こいわ)ローマです。 今年のニュースは今年

記事を読む

5-1

5/24 チャリティLIVE&撮影会 ご参加ありがとうございました!

Rainbow Soupの小嵒ローマです。 先日、沖縄県那覇市で開催された、ピンクドット沖縄に

記事を読む

dallas_small

【映画紹介】エイズと宣告された男が、命を懸けて挑戦したこと

はじめまして。Rainbow Soupの古賀です。 気づけばあっと言う間にもう三月ですね。

記事を読む

large_5847833509

旅行や美味しいご飯のように、「カウンセリング」をもっと身近に。

Rainbow Soupの小嵒(こいわ)ローマです。 台風の影響につき、自宅にこもって作業なう

記事を読む

DSC_0665

LGBTの存在が当たり前のことになるように(後編)

西日本新聞記者・新西 ましほさん(後編) インタビューもいよいよ終盤。 福岡の関連団体に取り

記事を読む

Ad_pc

Message

Ad_pc

–¼Ì–¢Ý’è-1
【声明】福岡市発表の性的マイノリティ支援施策について

福岡市発表の性的マイノリティ支援施策について   201

flyer
【告知協力】2/25 福岡市にて、シンポジウム クィア / アクティビズム 開催

2/25(日)、福岡市内にて「シンポジウム クィア / アクティビズム

IMG_6385
「ピー・エス・エス 踊ってみた in 福岡版」、公開をお楽しみに!

先日お知らせした、「ピー・エス・エス 踊ってみた in 福岡版」撮影会

IMG_0161
企業向け無料LGBTセミナーで、企業関係者と意見交換を行いました。

福岡では福岡市長がLGBT関連施策に積極的な姿勢を見せるなど、その機運

RS_ROGO
【冷泉公園に決定】2018年、福岡市のLGBT施策実現のムードを一緒に盛り上げませんか?

(2018.1.16追記あり) 新しい年がスタートしました!

→もっと見る

  • 2018年2月
    « 1月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728  
PAGE TOP ↑