Rainbow Soup の古賀です。
5月17日に福岡市警固公園で開催された「多様な性にYES!」の日 街頭アクションに、今年初めてRainbow Soupとして協力させていただきました。
会場で流すBGMの選曲を小嵒と古賀で担当しました。
「多様な性にYES!」のテーマにフィットする国内外のアーティスト、曲を選んでみました。
今回から、何回かに分けてご紹介します。
画像は、主催のFRENSのスタッフさんが製作してくれました。
虹色チューン1
 

Culture Club (カルチャークラブ)

「Karma Chameleon」 (カーマは気まぐれ)
フロントマン、ボーイ・ジョージはゲイであることをカミングアウトして活動。
この曲は世界中でヒットした代表曲。
 
ボーイ・ジョージは今年の3月に18年振りの新作アルバム「ディス・イズ・ホワット・アイ・ドゥ」をリリースしましたねー。(「This Is What I Do」海外では2013年12月にリリース。)
「カーマは気まぐれ」からなんと30年。華麗なる復活!と多方面で絶賛されてます。今後の活動に注目です。
 



 

Cyndi Lauper (シンディ・ローパー)

「True Colors」 (トゥルー・カラーズ)
ゲイフレンドリーで知られるシンディ・ローパーの代表曲。世界各地のLGBTイベントなどで使用されています。
 
シンディ姉さん(敬意を表して勝手にこうお呼びさせていただいています。。)のオリジナリティと表現力、そして懐の深い生き方には本当に頭が下がります。
以前アルゼンチンの空港で遅延や欠航が相次ぎ、足止めを食らったお客さんが大騒ぎになったとき、その場にたまたま居合わせたシンディ姉さんが、なんとアナウンスのマイクで歌いだし、事態を収束させたというエピソードもありましたね。
「トゥルー・カラーズ」の歌詞、いつ聴いてもグッときます。
 



 
虹色チューン(2)につづく...お楽しみに♪